「DVをやめるのは、あなた自身です。
 DVをやめる、あなたの『決心』を支えます」

  • 「なぜイライラするんだろう?」
  • 「どうして、腹が立つのだろう?」
  • 「男らしさ、女らしさって?」
  • 「穏やかに毎日を過ごしたいのに、暴力をしてしまう」

もしかして、あなたがパートナーに対して行っているのは、DV(ドメスティック・バイオレンス)かもしれません。

私たちの研究会では、「DVをやめたい」「パートナーと良い関係を築きたい」と希望する男性のための、DV加害者プログラムを実施しています。
関心のある方、まずは気軽にご相談ください。

お知らせ

NPO法人RRP研究会主催のシンポジウム「DV被害者は永久に逃げ続けなければならないのか〜加害者プログラムの可能性〜」開催について

詳細は、下記をご覧ください。
■シンポジウム:被害者は永久に逃げ続けなければならないのか
        〜加害者プログラムの可能性〜
■日時:2018年12月16日(日)10:00〜17:00
■会場:武蔵野大学有明キャンパス 1号館303教室

■プログラム概要
第1部 鼎談「これまでのDV加害者への取り組み」
    中村正(立命館大学 教授)
    山口のり子(アウェア 代表)
    司会 信田さよ子(NPO法人RRP研究会 代表理事)

第2部 パネルディスカッション
   「今後のDV加害者プログラムの展望」
    千田有紀(武蔵大学 教授)
    中田慶子(DV防止ながさき 理事長)
    高野嘉之(John Howard Society of Grand Prairie)
    ほか

第3部「RRPの10年の歩み・そしてこれから」
   加害者プログラムの解説と実際

 日本におけるDV対応は、被害者が加害者から離れることを支援することを中心に行われてきました。 DVのもう一方の当事者である加害者に対して、暴力の責任をきちんと引き受け、 行動を変えるように働きかけて再発を防ぐことを目的とした民間団体による取組は、 全国各地で実施され続けてきました。しかし、国や自治体による制度的な取組はこれまでほとんど行われていません。
 被害者は自らの安全を守るために、仕事も生活の基盤も捨て、加害者から逃げ、身を隠し続けなければならないのでしょうか。 近年では、子どもがいる場合には、DVが原因であっても離婚後の面会交流が被害母子にとって大きな課題となっており、 加害者との接点を完全に断ち切ることは非常に難しくなっています。
 本シンポジウムでは、日本におけるDV加害者への取組を振返ると同時に、被害者支援の一環としての加害者プログラムの今後を展望します。

■参加費 8,000円
■詳細はこちらから:
http://www.rrpken.jp/info/images/symposium_20181216.pdf

お申し込みはこちらから:
https://goo.gl/forms/kwz46XZCQIGKlvdC3

【問合せ先】
特定非営利活動法人RRP研究会
http://www.rrpken.jp/
2019年1月から開始するDV加害者プログラムの受講者を募集いたします。興味・関心のある方はお気軽にご相談ください。
―講演会のお知らせ―
11月18日(日)「DV加害者プログラム 効果と必要性」
講師:高橋郁絵氏・NPO法人RRP研究会/原宿カウンセリングセンター
場所:松藤プラザ「えきまえ」いきいきひろば 第12号室
   (長崎駅前 交通会館3階)
⇒詳しくはチラシをご覧ください。
DVをやめたい方や、プログラムに興味がある方を対象に、説明会を開催します。プログラム内容に不安や疑問のある方も、気軽にお越しください。
 日時:2018年6月1日(金)19時~20時
 場所:長崎市民会館 第1会議室
 ※参加費は無料です
2018年6月~10月開催のDV加害者プログラムについては、応募を締め切らせていただきました。次回のプログラム開催は2018年11月以降になります。 次回のプログラム参加者の応募は、2018年9月ごろに開始予定です。
DV加害者プログラムとは